「北海道の冬の太陽光パネルは発電するの?」【冬のあったか体感イベント】 | NORTH LAND PRIDE(ノースランドプライド)

EVENT

WEB予約特典あります。お気軽にご予約の上お越しください。
HOME > EVENT情報一覧 > イベント情報ページ
「北海道の冬の太陽光パネルは発電するの?」【冬のあったか体感イベント】
2022/1/29(土)・30(日)
開催日2022/1/29(土)・30(日)
開催時間10:00・13:00・15:30・別時間希望 ※完全御予約制
お問い合わせ先011-791-2220
「北海道の冬の太陽光パネルは発電するの?」【最新の太陽光パネル情報公開】

場所:札幌市東区中沼2条1丁目1-20
開催日 :2022/1/29(土)・30(日)
開催時間:10:00・13:00・15:30・別時間希望 ※完全御予約制

おすすめPOINT
「北海道の冬の太陽光パネルって発電するの?」
「冬は雪が降るから、北海道での太陽光発電って意味がないんじゃない?」

そんな風に感じている方も多いと思います。
このイベントでは、『北海道における太陽光発電』についてご説明致します。
最新の太陽光パネル情報や、実際に太陽光パネルを設置しているお客様の光熱費データなどを大公開!
ぜひお気軽にお問い合わせください。
イベント会場

 

近年、太陽光パネルの設置について、様々な話題が上がっています。

 

東京都は、新築住宅に太陽光パネル設置義務化の検討を始めていたり、

京都府では、太陽光パネル設置に伴う補助金の交付が進んでいます。

 

では、北海道での太陽光パネルにはどのようなイメージがありますか?

 

「冬は屋根に雪が降るから、太陽光パネルは意味がないんじゃない?」

「北海道の冬の太陽光パネルって発電するの?」

 

そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

確かに、2月の北海道ではほぼ全てのお家の屋根に雪が積もっています。

 

もし屋根に太陽光パネルを設置したとしても、積雪によって発電が見込めなければ

冬の停電や災害に対応することもできません…。

 

 

しかし!

雪の積もる北海道でも、冬も発電し続けられる工夫があります。

 

それは、NORTH LAND PRIDEの壁面太陽光パネルの設置です。

壁面に設置することで、冬の発電量を確保することができます。

 

 

壁面太陽光を設置すること、一年を通して発電が可能となり、

冬の時期は、雪の照り返しで発電効率が上がることもあります。

外観に馴染んだデザインとなるような工夫も行っています。

 

実際に、この壁面太陽光パネルを設置したお家もたくさんあります。

 

 

◇実際に壁面太陽光パネル設置を行ったお家の施工事例もぜひご覧ください。

電気を自給自足できる暮らし

 

 

壁面に太陽光パネルを設置すれば、

発電量は減るものの、真冬の雪が積もった季節でもしっかりと発電ができる実績があります。

 

このように、

北海道でも一年を通して太陽光発電をし、電気を自給自足して生活することが可能なのです。

 

 

今回のイベントでは、

ご来場いただいたお客様限定で、1年間の

 

NORTH LAND PRIDEモデルハウスの発電データ 

NORTH LAND PRIDEでお家を建てたお客様の光熱費データ

 

初公開

 

実際に壁面を含めた太陽光パネルで、一年間どれくらい発電が出来たのか?

そして、太陽光パネルがある家に暮らすと、どれだけ光熱費の削減になるのか?

 

それらをご説明致します。

 

更に太陽光発電システムについての最新情報を公開!

 

 

NORTH LAND PRIDEのお家の実績、

北海道の太陽光パネルについてご興味のある方は、

 

ぜひこの機会に、NORTH LAND PRIDEの

“北国の家づくり”をご覧ください。

 

 

 

 

↑画像をクリックすると、見学予約フォームへリンクします。

 
見学会予約モデルハウス見学ページトップへ